tune-my-love-DISNEY~首都圏ディズニーマニアック~

ディズニー情報を投稿。特に中々知りえないような小ネタ中心で。SPGアメックス所有、SPGゴールド会員。

2016年04月

ロイヤルホストとオリエンタルランドの親会社がホテル事業で業務提携

オリエンタルランド社の大株主が、ついに動き出しました。





全国にファミリーレストランのロイヤルホストを運営するロイヤルと、東京ディズニーリゾート親会社である京成電鉄がホテル事業で業務提携です。



プレスリリースによれば、京成が51%、ロイヤルが49%の出資比率で合弁会社を設立するとのこと。
その第一弾として、2018年に京成リッチモンドホテルを東京の門前仲町に開業するとのことです。




京成電鉄㈱ ✕ ロイヤルホールディングス㈱ 

合弁会社ケイ・アンド・アール・ホテルデベロップメント株式会社を17年3月に設立
http://www.hoteresonline.com/articles/1937




京成リッチモンドホテル開業予定地の東京門前仲町周辺






-------------------------------------------------

さて、このニュースどう読み進めるか。


地味に、東京ディズニーリゾート関連のニュース
と読み進めてもいいのではないでしょうか。


というのも、まず京成電鉄は紛れもなくオリエンタルランド社の親会社という事実。


通常、東京ディズニーリゾート関連のニュースが語られるとき、オリエンタルランド社が京成電鉄グループであるという事実はまず伏せられて報道されます。


しかしながら、以下の京成電鉄のホームページを見ていただければわかりますが、


京成電鉄は確かに自身のグループ会社にオリエンタルランド社を明記しています


ディズニーホテル運営のミリアルリゾートホテル、リゾートライン運営の舞浜リゾートライン等も、確かに記載がされています。


京成グループ会社一覧
http://www.keisei.co.jp/keisei/kanren/



何より、現オリエンタルランド社会長の加賀見俊夫さんは、元々京成電鉄社の経理から、オリエンタルランド社に再入社された方



日本のディズニー関連のニュースを追いかけるとき、京成電鉄社の動きは決して無視できないということです。

--------------------------------------

で、その前提を確認した上で、改めてこのニュースの気になる点。


まず京成電鉄は、あくまで自社グループの1事業として、非常に遠まわしにディズニーリゾートの拡大を図っているという見方が出来ること。


既に京成電鉄は、京成の名が付くホテル会社を3社ほど所有しており、それに加えて、東京ディズニーリゾートを運営する子会社のオリエンタルランド社に、ディズニーホテル運営のミリアルリゾートホテル、浦安ブライトンホテル運営のブライトンコーポレーションを孫会社としてぶら下げています。

そこに今回のロイヤルとの合弁会社設立が加わりますから、京成電鉄はグループ全体で、ホテル事業のかなり広範囲セグメントを押さえたことになります。



が、見方を変えれば、これは着実にオリエンタルランド社が舞浜周辺のホテル事業を、間接的に拡大したと見ることも出来る訳です。



ロイヤル側が展開するリッチモンドホテルは、関東地方だけで14箇所あり、東京ディズニーリゾート周辺に限定すれば、成田、浅草、押上、目白、水道橋、横浜と、東京観光に打ってつけの好立地にあり、それが今回の合弁会社設立により、広い意味でグループ会社の収益源となったわけです。




ですのでこれは、今後の東京ディズニーリゾートの舞浜以外への拡大を考える上で、1つ注目すべき動きかと思います。



もう1点。ロイヤルと京成電鉄が業務提携することのメリットとして、
飲食事業での相乗効果が期待できる点です。


じつはロイヤルは、レストランのロイヤルホストを全国展開するだけでなく、全国の高速道路・空港のレストラン、機内食の調製も担っているのです。


もしもこうしたロイヤルのノウハウが、京成電鉄を通じてオリエンタルランド社や他のグループホテル会社に伝播するとしたら、実は東京ディズニーリゾートの飲食事情に多大な貢献をもたらす可能性を秘めているのです。


実際のところ、今回の業務提携はあくまでホテル事業ですから、飲食への拡大はあまりに拡大解釈過ぎです。が、東京ディズニーリゾートの将来を予想する上で、こうした親会社の動きというのは、ちょっと気にかけて追いかけるべき材料ではないかと、私は思います。

激戦化する舞浜ディズニーホテル事情~ドリームゲート舞浜からセレブレーションホテルまで~

ここ1年で舞浜ディズニーホテル界隈が、非常に非常に激戦化しているため、まとめてみました。
30周年以来、お泊りディズニーしていない皆様、かなり事情が変わっていますので注意が必要です。



---------------------------------------------------

①≪ドリームゲート舞浜≫の別館建設の噂


知る人ぞ知る舞浜駅一体型のホテル【ドリームゲート舞浜】に別館建設の噂。
旅行口コミサイト・トリップアドバイサーの調査で≪10位≫にランクインしたホテルですね。









ホテルを運営するJRから正式に発表がされたものではないのですが、
既に現地に工事予定の看板が設置されているとのことで、以下サイトで紹介がされています。


株式会社建設データバンク首都圏版
お知らせ看板情報 ( ホテルドリームゲート舞浜別館(仮称) )
http://www.kensetsu-databank.co.jp/osirase/detail.php?id=35009



---------------------------------------------------

②第4ディズニーホテル
≪東京ディズニーセレブレーションホテル≫
が開業


みなさんもうご存知だとは思いますが。
ミラコ、アンバ、ランホの御三家とほぼ変わらない特典が付きながら、割安な値段で宿泊できるということで、
一気に舞浜界隈のホテル事情を一変させそうな予感。





「1泊2万円台ながら、
15分前のアーリー入場」


が付いているのは大変魅力的。




但し・・・。






---------------------------------------------------

③舞浜ヒルトン東京ベイのサービスが劣化、
一方、グッドネイバーホテルとして
お台場ヒルトンが開業!

2015年夏より、舞浜のヒルトン東京ベイではルームサービスが廃止。
原則テイクアウトのみの食事提供となり、大幅にサービスが改悪しています。

 





一方、タイミングが前後した2015年秋、お台場にあったホテル日航東京がヒルトン東京お台場にリブランドされています。







少々お台場まで距離があるのがネックですが、


ヒルトン東京お台場は、

ディズニーグッドネイバーホテルに加盟しているため

シャトルバスの運行がアリ




うまく使えばディズニーと東京観光両方が楽しめていいかもしれません。









---------------------------------------------------

④お台場のホテルグランパシフィックが
ホテルオークラの運営に変更し
グランドニッコー東京 台場にリブランド


お台場のグランパシフィックがホテルオークラの運営に変更されます。
どうやら③のホテル日航→ヒルトンへのリブランドとセットみたいですね。







ディズニーグッドネイバーホテルに加盟するかは発表されていませんが、それまでのグランパシフィックが加盟していたため、おそらくシャトルバス運行等のサービスは継続ではないかと思います。



⑤ロイヤルホストと

OLCの親会社・京成電鉄が

ホテル事業で業務提携!


(長くなりましたので、こちらは次回の更新にて!)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
カテゴリ別アーカイブ