本日はルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」に関するお話。
いわゆる「クラシックアリス」ってやつですね。





男装ツインボーカルユニット「Brilliant Kingdom(ブリリアントキングダム)」のメンバーにして、文筆家としても知られる「BABI(バビ)」さんが、5月25日発売の雑誌「ゴシック&ロリータバイブルvol.56」にて大変秀逸な「不思議の国のアリス」解説記事を掲載されています。



ゴシック&ロリータバイブル vol.56 (モール・オブ・ティーヴィーMOOK)

 ゴシック

BK:Brilliant Kingdom(公式サイト)
ブリリアントキングダムとは?



該当の記事はP62からP65までの計4ページ。
「乙女の教養 ALICEのワンダフル・トリビア」というタイトルで、「不思議の国のアリス」の世界観について、原作者ルイス・キャロルの生涯を時系列順に追っていく形で解説しています。



率直に、ここまでコンパクトにかつ詳細でわかりやすいルイス・キャロル解説を、私は初めて読みました。アリスには興味はあるけど詳しくは知らない、或いは、そもそもアリスといえば「ディズニーのアリス」しか頭に思い浮かばない方には是非読んでもらいたい。



雑誌に記事を寄稿されたBABIさんの意図とは異なるかもしれないのですが、非常に秀逸な解説記事ですので、是非みなさん読んでみてください。アリスに対する理解がますます深まり、ますます好きになると思います。


なお本号では他にも、当ブログにて一度紹介している「水曜日のアリス」グッズが紹介されていたり、ALI PROJECTの宝野アリカ様の連載が掲載されていたり、※Moi dix Mois(モアディスモア)のMana様ブランドの新作が掲載されていたりと、大変盛り沢山な内容となっています。

Moi dix Mois=MALICE MIZER(マリスミゼル)のリーダーMana様のソロプロジェクト。ゴシック・ロリータブランド「Moi-meme Moitie(モアメームモアティエ)」をプロデュース。

以下、お勧めアリスファッションをご紹介