tune-my-love-DISNEY~首都圏ディズニーマニアック~

ディズニー情報を投稿。特に中々知りえないような小ネタ中心で。SPGアメックス所有、SPGゴールド会員。

ディズニーチャンネル

ディズニーがジョージア州からスタジオ撤退を示唆、同州の宗教差別法案を巡り反発

ディズニーがジョージア州からスタジオ撤退を示唆、同州の宗教差別法案を巡り反発

DisneyboycottMain


米ウォルト・ディズニー・カンパニーが、アメリカ合衆国ジョージア州で可決された、「とある宗教差別法案」の賛否を巡り大反発。



その「とある法案」とは・・・




--------------------------------------------------
≪ジョージア州内にて、宗教関係者が社会福祉事業や教育、慈善事業などのサービスを行う際、その信仰に反した人々に対して、宗教上の理由からサービスの提供や雇用を拒むことを認める
--------------------------------------------------



という内容です。



つまり、例えばキリスト教系が主催する式典では、イスラム教徒や仏教徒、ユダヤ教徒は異教のしきたりに従わなければ、差別しても構わないという法案です。




中々ぶっとんでますね。




因みにジョージア州は、キリスト教プロテスタントが70%を占める州ですので、この法案がいかに偏った思想の法案であるかが理解できるかと思います。






んで何故この法案にディズニーが反発したかと言いますと、例えばこの法案に従いますと、同姓カップルがジョージア州内で結婚式を挙げようとしても、それを宗教上の理由だけで執行拒否することが合法とされてしまうからです。




文脈によっては反LGBT法案だとも読み取れるわけですね。





法案支持者たちは、あくまで信教の自由だと主張したようですが、反対派はこれを宗教差別であると激しく反発。特に、ジョージア州アトランタに大規模スタジオを構えるディズニー社が激怒。



ディズニー広報担当は「ディズニー社は解放的な企業だ。もしも法案が成立したら、私たちはほかの場所で映画を撮影することを選ぶだろう」と述べ、ほか、コカ・コーラ社、アップル社、デルタ航空、ユニリーバ社等、日本でも馴染みあるアメリカ大企業も大反発。一時、大混乱となっていました。



結局、法案成立から約1ヶ月ほど経ち、アメリカ合衆国ジョージア州知事が「ジョージアの信仰に基づく地域社会を守るために誰かを差別する必要はないと思う」と述べ、法案への拒否権を発動。一旦議論は中断しています。が、これを機にアメリカ合衆国内の信教の自由と市民権のバランスを巡る衝突が再燃しています。



このジョージア州の件は、信仰の自由を履き違えている一例だと思います。特定の宗教観で価値観が固定されるのは非常に危険だと私は思います。社会に大きな影響を持つディズニーのような大企業が、こうした間違った宗教観に異を唱えるアクションを起こすことは、大変賞賛されるべき行為だと私は思います。



以下、英文のリンクと翻訳文を掲載。英語力に自信がある方は、是非原文で読んでみてください。





ディズニーはかなり怒ってます。





≪以下、http://www.latimes.com/entertainment/envelope/cotown/la-et-ct-disney-georgia-anti-gay-20160323-story.htmlより引用訳はブログ管理人によるもの≫


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

Los Angels Times:ENTERTAINMENT
Disney threatens to stop filming in Georgia if anti-gay bill becomes law

ロサンゼルスタイムス
「反LGBT法案が成立するなら、ディズニーはジョージア州で映画撮影を止めるおそれ。」より



※直訳だとストレートに、アンチゲイ法案と言ってますね。。。


l0160323-001



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


 Walt Disney Co. is threatening to no longer film in the state of Georgia if an anti-gay bill is signed into law there.

(もしも反LGBT法案がジョージア州で成立したら、ウォルトディズニーカンパニーは、もう同州内で映画撮影を止めてしまうおそれがあります。)




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


The measure, passed by Georgia lawmakers March 16, would offer protections to faith-based entities that refuse to provide services that they say violate their beliefs. If it becomes law, the proposed legislation would have the effect of beefing up legal safeguards for opponents of same-sex marriage.


(3月16日にジョージア州議員によって通過されたこの法案は、信仰に反する人々に対しサービスの提供を拒否することは、信仰の自由として保護することを求めたものです。もしもこれが法案となると、同姓婚の反対派にとっては、反対の追い風となる可能性があるのです。)




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


Disney and Marvel are inclusive companies, and although we have had great experiences filming in Georgia, we will plan to take our business elsewhere should any legislation allowing discriminatory practices be signed into state law,” a spokesman for Burbank-based Disney said.

(カリフォルニア州を基盤とするディズニー社の広報は次のように述べています。「ディズニーとマーベルは、開放的な企業です。これまでジョージアにおける映画撮影では、素晴らしい経験をしてきました。が、もしそうした差別的慣行が許され、州法として署名がされ法制化されるのであれば、我々ディズニー社は、州外にビジネスの場を移すことを検討しなければなりません。)




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


Georgia has become a haven for movie and television production because of attractive tax incentives offered to studios that film there. Unlike California's film tax credit program, Georgia's offering is especially enticing because it allows studios and film producers to offset actors' salaries, which can be a major contributor to the cost of productions.

(ジョージア州は、映画やテレビ等の企業にとってはタックスへブンです。何故なら、同州内で映画や番組を撮影するスタジオに対して、税制優遇処置が実施されているからです。カリフォルニアのそれとは違い、ジョージア州の税制優遇策は、スタジオやプロデューサーに対し、製作において最も大きなコストである「出演者のギャラ」との相殺を認めているんです。これは、とりわけおいしい内容です。)



≪引用終了≫
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【ネタバレ】フィニアスとファーブ最終回≪考察編≫



前回の記事でも書いたように、フィニアスとファーブの最終回「最後の夏休み~The Last of Summer~」はキャンディスとドゥーフェンシュマーツ博士が主役のエピソードでした。



最終回のエピソードをおさらいすると、夏休み最後の日、キャンディスとドゥーフェンシュマーツ博士の二人は「一日のやり直し」という禁断の悪企みをするわけです。

それが結果、兄弟を失いかける危機を招きますが、最終的には兄弟の力を借りながらも、キャンディス自らの力で、世界を元に戻しました。



一応同時進行で、ペリーの助けを借りながらドゥーフェンシュマーツ博士も世界を元に戻そうとしたわけですが、結局博士の機械はコンセントに繋がっていなかったため、まぁこちらは小さな世界の自己満足に終わったわけです。


その後登場人物全員で大団円の流れが最終回「最後の夏休み~The Last of Summer~」だったわけですが。。。



さて。



ずっとフィニアスとファーブを見続けた人ならば、気づいたかもしれません。



この最終回だけ、いつもと物語の進行パターンが違いましたよね?




いつものフィニアスとファーブなら、フィニアスとファーブが互いの閃きと発明によって凄い遊びを友達と一緒にする。

それをキャンディスがママに告げ口しようとする。

同時進行で、ドゥーフェンシュマーツ博士が何やら悪企みを始める。ペリーはドゥーフェンシュマーツ博士の元に向かい、博士の悪企みを阻止する。


結果、何故かフィニアスとファーブの凄い遊びは跡形も消え、キャンディスはママへの告げ口に失敗するというのが、フィニアスとファーブの固定されたストーリー展開だったわけです。



今回はそうなりませんでしたよね。何故でしょうか?私はこう考えました。キャンディスとドゥーフェンシュマーツ博士が、いつもと違う行動をとったからです。


即ち、非常に活発な兄弟達に対して、キャンディスは夏休み中、ずっとやることをやらず、兄弟達の告げ口に終始時間を割いていたわけです。そしてずっと、失敗を繰り返していたわけです。



またドゥーフェンシュマーツ博士も、本来ならば一人の娘を持つ親として、年齢相応のきちんとした大人な振る舞いをする必要がありました。ところが、博士はずっと子供のイタズラレベルの悪企みばかりを続け、結果、娘の子育てをほったらかし、挙げ句の果てに、毎回容赦なくカモノハシに懲らしめられていたというわけです。



最終回は違いましたよね。




キャンディスは兄弟をママに告げ口することではなく、兄弟を助けようと必死に行動しました。結果、兄弟達は助かり、最後、兄弟達と共に、家の庭の大きなステージにてライブをやるわけです。もう、それをいちいちママに告げ口することなく。ママもそんな娘・息子達を最後はさらっとスルーしましたね。



こうして、キャンディスの兄弟をママに告げ口ばかりを繰り返しては失敗する、長い長い夏休みは終わったわけです。


またドゥーフェンシュマーツ博士も、何度も何度も一日をやり直す中で、だんだんと自分の娘と向き合う必要性について理解していきます。そして、自分の振る舞いに疑問を持ちます。最終的には、娘の要望を受け入れ、悪の科学者から足を洗い、良い人になります。


そう、博士もまた、悪事を働き、カモノハシに懲らしめられ続けていた繰り返しの無限ループを抜け出し、最後の夏休みを無事終えられたというわけです。



フィニアスだけは、さらにそこから10年の歳月がかかりました。「もう子供じゃいられない~Act of Age~」のエピソードですね。


最後の夏休みから10年後、ようやくフィニアスは進路を悩む中で、子供の頃からずっとずっと夏休みを一緒に過ごしてきたイザベラの存在を意識し始めます。そして、同じ大学に進学することを決めたのです。


今までのフィニアスならば、ずっと自分が関心を持つ理科や機械のことばかりを考えて大学を決めていたに違いありません。高校卒業間近で、行動を変えたのです。


10年の歳月を経て、ようやくフィニアスも夏休みを抜け出したということです。



以上、というのが、私の思うフィニアスとファーブという作品のエンディング解釈でした。



勿論、これは私の受け取り方であって、本当に原作者が意図していたものとは、違うかもしれません。


ですが最終回を見終わり、皆さんも私同様、形は違えど、心の中に様々なフィニアスとファーブを持っているんじゃないでしょうか。


私はそれがフィニアスとファーブという作品が、本当に本当に素晴らしい作品であった証拠だと思うのです。




最終回のエンディング終了後、ディズニーアニメーションのロゴがテレビ画面に出たとき、この作品はディズニーの歴史に永遠に刻まれる作品になったなと思いました。


こんな素敵な作品に出会えたことに、ディズニーと原作者の二人に深く深く感謝です。ありがとう、フィニアスとファーブ。そして、ペリー。

【ネタバレ】フィニアスとファーブ最終回を観た感想



個人的にずっと、フィニアスとファーブ最終回は、ペリーの正体がバレてフィニアス家からいなくなってしまう、でもどうにかこうにか、フィニアスとファーブの発明か何かで、ペリーは戻ってくる・・・・・そんなドラえもんの最終話みたいな話だと、ずっと勝手に想像していました。



いやはや、見事に良い意味で裏切られました。




最終回「最後の夏休み~The Last of Summer」は、キャンディスとドゥーフェンシュマーツ博士が主役でしたね。

博士が娘のために悪事から足を洗った描写に、私は感動しました。そして、素晴らしい大団円でした。近年観たアニメの中で、最も美しい最終回だったと思います。


一方、フィニアスとファーブ達にとってのエンディングは、「最後の夏休み」では直接的に描かれること無く、本国におけるレギュラー放送最終回「もう子供じゃいられない~Act of Age~」のエピソードの方で描かれました。とってもとっても、とってもとってもピュアピュアなフィニアスとイザベラのキュンキュン恋愛に、ハートを撃ち抜かれた視聴者は多かったんじゃないでしょうか。アメリカの作品で、こんなにピュアピュアなの、私は観たことありません。


逆に、皆が予想していたであろう最終回の形、カモノハシ・ペリー(エージェントP)のエンディングはとうとう描かれませんでした。9月にペリーのスピンオフが本国で放送されるので、ひょっとしたらそこで何らかのエンディングを迎えるのかもしれませんが。

(9月15日追記:ペリーのスピンオフが2015年10月12日放送決定です。)http://tune-my-love-disney-dvc.blog.jp/archives/44228712.html


さて感想はそれくらいにして、ちょっとだけ本ブログでは、フィニアスとファーブ最終回「最後の夏休み」を真面目に考察したいと思います。次回の更新をお待ちくださいね。

「フィニアスとファーブ」もう一つのフィナーレ作品≪もう子供じゃいられない≫に秘められた裏話!

6月13日20:30より約1時間に渡り放送された≪夏休み最後の日≫をもって、フィニアスとファーブは最終回を迎えました。



が、実はこの日、最終話に先行する形で、朝の10:00より、本初放送のエピソード「もう子供じゃいられない」が放送されていました。





何故、
「もう子供じゃいられない」が最終話と共に日本で同日に放送されたのでしょうか。
これに関するヒントを、原作者自ら海外メディアに語っていますのでご紹介。



≪以下、http://www.avclub.com/tvclub/phineas-and-ferb-last-day-summer-220434より引用訳はブログ管理人によるもの≫



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

T.V CLUB
Phineas and  Ferb "Last Day of Summer"

テレビクラブ
「フィニアスとファーブ≪夏休み最後の日≫。」より

150613_フィニアスとファーブ最終回4

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


Marsh and Povenmire have mentioned that the penultimate episode, “Act Your Age,” was the spiritual finale of the series, which jumped ten years into the future and gave Phineas and Isabella the romantic closure that’s been teased throughout the series (the final song calls back to that).


(原作者のダン・ポベンマイヤーとジェフ・“スワンピー”・マーシュは、最後から2番目のエピソードとなった「もう子供じゃいられない」について、次のように言及しています。

このエピソードは、シリーズにおける精神的なフィナーレ作品。10年後の未来にジャンプして、シリーズ中ずっと続いていたフィニアスとイザベラの恋愛の顛末を描いたもの。(ファイナルソングがそれをフィードバックさせるような感じでね。)



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


Beyond that, that episode gives mostly every side character a future, a direction, a sense of place and purpose that stands beyond the breadth of the show. “Last Day of Summer” needed to feel like it truly was the last day of summer, but it mostly felt like a regular episode of the show.

(その上、「もう子供じゃいられない」は、作品において内々に意図していた登場キャラたちの未来とか進路とか内面とかを、ほぼ全ての側面から描いている。対して、最終回≪最後の夏休み≫は、本当に文字通りの「最後の夏休み」な感じにする必要があって、普段のフィニファの感じにしたんだよ。)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


日本では特別放送となったこの「もう子供じゃいられない」のエピソード、実は本国の放送ではレギュラー放送の最終回だったんですね。

その後少し間が空いて、アメリカ時間の6月12日に特別編「夏休み最後の日」が放送されることとなり、日本の放送でも同一日に2つのエピソードを放送することで、フィナーレを迎えたというわけです。

そんなわけで、実は6月13日に放送された新エピソードは、どちらも本当に最終回だったというわけです。これ見て、イザベラ好きになった人、多いんじゃないでしょうか。ああ、また1話目から見たくなってきたなあ。


大好きだ。そしてありがとう。
フィニアスとファーブ。

引用文の元リンク(英語)
T.V CLUB
Phineas and  Ferb "Last Day of Summer"
By Kevin Johnson

このままじゃ終わらない?「フィニアスとファーブ」の今後について原作者が興味深いコメントを残しています。

6月13日の放送をもって感動のフィナーレを迎えたフィニアスとファーブですが、原作者の一人ダン・ポべンマイヤー氏がフィニファの今後について大変興味深い発言をしています。ひょっとしたら、次回作に続くかも?





≪以下、http://www.huffingtonpost.com/jim-hill/phineas-and-ferb-finale-l_b_7572040.htmlより引用訳はブログ管理人によるもの≫


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

Huffpost:THE BLOG
Phineas and Ferb Finale, 'Last Day of Summer', May Not Be as Final as We Think

ハフィントンポスト
「フィニアスとファーブ最終話≪夏休み最後の日≫は、私たちが考えてるようなファイナルではないのかも。」より



ペリー


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


"And what's really cool is that -- in my mind, anyway -- Mikey Murphy just lives a couple of neighborhoods over from Phineas and Ferb," Dan said.

(んで実にクールなのがね、私の中では何だかんだ、新作≪ミッキーマーフィ≫に≪フィニアスとファーブ≫の仲間達は使い回されてるんだ。)




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


"And given that these two animated series will have a similar sort of look and design... Well, who knows?


(だとすると、二つのアニメシリーズは多少、見た目やデザインが似てるものになるかも・・ってまぁ、ひょっとしたらだけど。)




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


If Mikey Murphy's Law is successful, maybe a few years further on down the line, we could do a crossover episode where the Mikey Murphy characters get to interact with the Phineas and Ferb characters.


(もし新作≪ミッキーマーフィの法則≫が成功したら、近い将来ひょっとして、≪ミッキーマーフィ≫のキャラが、≪フィニアスとファーブ≫のキャラ達と絡むような、クロスオーバー作品をやるかも。)



≪引用終了≫
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


これはフィナーレ公開直前に、海外版ハフィントンポストに掲載されたインタビューの一部。


≪ミッキーマーフィの法則≫とは2017年に放送が決定しているフィニファ原作者による最新作。(日本での放映は未定) このインタビューを読む限り、フィニアスとファーブの世界観が、次回作に
ある程度は踏襲されると期待してよさそうです。


因みに、2015年9月にはフィニアスとファーブの影の主役とも言える≪カモノハシ・ペリー≫のスピンオフ作品がアメリカで放送がすでに決まってますので、日本にフィニファが帰ってくるもの、そんなに先の話ではなさそうですね。


この他、同インタビューでは、ファイナルエピソード製作の裏話等についても原作者自ら語っているので、ある程度英語力がある人は是非、原文を読んでみてください。


HUFFPOST
Phineas and Ferb Finale, 'Last Day of Summer', May Not Be as Final as We Think

Entertainment journalist and Walt Disney Company expert

【一部加筆】本当に最終回?明日、6月13日放送「フィニアスとファーブ」の様子がおかしい件

地味に一部のフリーク内で話題にはなっているのですが。。。



現在ディズニーチャンネルやDlifeにて放送がされているディズニーのオリジナルアニメーション「フィニアスとファーブ」が明日で最終回ではないかと、様々な憶測が飛び交っています。



フィニアスとファーブのマスコットキャラクター「カモノハシ・ペリー」↓




噂は本当なのか?



ディズニーチャンネル公式サイトには次のように書かれています。


-------------------

特別編成「フィニアスとファーブ カモノラブパーティ!」

「フィニアスとファーブもいよいよクライマックス!

≪中略≫

日本発登場のエピソードも2話放送!」

-------------------




ここまでは、通常のスペシャル番組のようにも見受けられるのですが。。。




-------------------


放送スケジュール 
【6月13日 (土) 10:00~21:25】



 
新エピソード「フィニアスとファーブ」
#126 『もう子供じゃいられない

10:00~



特別エピソード「フィニアスとファーブ/夏休み最後の日
20:30~



-------------------



「もう子供じゃいられない」


「夏休み最後の日」





ああ、もうタイトルからして、もう危険な香りがします。


だってフィニアスとファーブにとって、


夏休みの終了
とは、













サザエさんが突然、

歳をとってしまうくらいに

世界観の崩壊の危機です!!!!








一体どうなって
しまうのでしょう?









なお、ディズニーチャンネルは公式に
最終回の予告をしていないのですが、

フィニアスとファーブの吹き替え版声優
のみなさんが、以下のようなインタビュー
に答えています。




ウレピア総研
【最終話6/13放送決定】
「フィニアスとファーブ」
「今は信じたくない気持ち
が強いんだと思います」




フィニアスとファーブのファンと
しては、

ただのドッキリであることを
願うばかりです。。。




-------------------

【6月12日17:00追記】

海外でも話題になっています。



‘Phineas and Ferb’ Creators
Say Goodbye as
‘The Last Day of Summer’
Approaches






原作者「ダン・ポベンマイヤー」氏は次のようにコメントしています。

(因みに、ダン・ポベンマイヤー氏は自ら
ドゥーフェンシュマーツ博士のアメリカ版声優を担当していました。)



-------------------

“Animated cartoons don’t usually get to say goodbye,” says creator Dan Povenmire. “So, we felt like it would be nice to be able to wrap it up. It’s going to play forever on [the] Disney [Channel]. There are so many episodes that by the time you’re done watching all of them; you’ll be ready for the first one again. It was just a nice way to say goodbye.





【直訳】
(訳はブログ管理人によるもの)



≪ダン・ポベンマイヤー氏≫

アニメのキャラ達が「サヨナラ」
を言う必要なんて無いんだ。


だから私たちは、うまく終わらせ
ることが出来るんじゃないか
って
思った。



ずっと永遠に、

ディズニーの中で

続くようにね。



フィニアスとファーブを
全部見終わるまでには、

すごくたくさんエピソード
がある。



いつでも第一話に戻れる準備を
しておいてくれ。



いい感じのバイバイ
の仕方になったんじゃないかな。




 -------------------
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • 舞浜シェラトンのガレリアカフェに行ってきました!ただしSPGアメックス15%割引対象外です。
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
  • アナハイムに新シェラトン系ホテル・メナージュがオープン!SPGアメックスの併用でわずか1泊5600ポイント&アップグレード可能!
カテゴリ別アーカイブ